教室紹介と指導方針

この教室は《ボイストレーニング》と《ピアノレッスン》の教室です。

 

《ボイストレーニング》は初心者の方からプロを目指す方まで、丁寧でわかりやすいレッスンを行っています。基礎トレーニングを重視して声の才能を引き出すことや本来持っていた良い声を取り戻すようにレッスンしています。人はみんな生まれながらに良い声を持っていますが、日本的な世間体を気にした結果、声が不自由になっていると考えられます。ボイトレは歌だけでなく日常会話や精神に良い効果をもたらします。

 

《ピアノレッスン》は初めてピアノを習う向けの内容です。音楽の基礎とピアノの楽しさを伝えるレッスンをしています。キッズピアノやシニアピアノもあります。出張ピアノレッスンも行っています。

 

【業務内容】

・ボイストレーニング(発声・ボーカル・合唱・声楽・カラオケ)のレッスン

・ピアノのレッスン(ピアノ・楽譜の読み書き・ソルフェージュ・小中学校の音楽対策)

・ピアノの出張レッスン(出張の場所は東京近郊)

・合唱とボイトレの出張レッスン(合唱指揮、発声指導、ボーカル、声楽、カラオケ)

(出張レッスン: 東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬、栃木、茨城、長野、福島、静岡)

・福祉施設の出張リハビリレッスン(合唱指導、健康的ボイトレ、口腔と嚥下の改善)

音楽高校や大学受験指導

・吹奏楽部の呼吸や発声指導

  

【ボイストレーニングコース】

指導方針:レッスン生の声を良くする。基本的に人間の声はみんな良いので、悪い癖を改善して良い状態に戻す。歌うためのボイトレというより、声そのものを良くするボイトレです。また、発声や呼吸の筋肉をバランス良く鍛えて、高い声や低い声が出るようにレッスンします。イやウの母音の固さを無くして、すべての母音が良く通るようにレッスンします。 

《ボイトレコースのキーワード・・・良く通る声、明るい声、支えのある声、高い声、低い声、吸気筋、呼気筋、体幹、解剖学、基礎発声の底上げ、アッポッジョ、声の闘争(ラ・ロッタ・ヴォカーレ)》 ←追加予定

 

【ピアノコース】(こども・一般・シニアコース) 

指導方針:はじめてピアノを弾くレッスン生にピアノの楽しさを伝えて上達の手助けをする。基本的にピアノは楽しいものなので、その楽しさを伝えるレッスンを優先的に行います。プロを目指す方は他のピアニストの指導者の方が良いかもしれません。ピアノは「楽しむこと」と「辞めない(続ける)こと」が大切だと考えています。この2つがあれば自然に上達します。

 《ピアノコースのキーワード・・・ピアノを楽しむ、楽譜の読み書きを覚える、良く聴くための耳を育てる、弾き歌い(弾き語り)をする、簡単な作曲をする、簡単な指揮を振る、コードネームで伴奏を弾く》 ←後日追加予定