東京・池袋ボイストレーニングスクール(個人 声楽・ボイトレ レッスン)


【アマゾン・ボイストレーニング本に関するページ】

アマゾンからボイトレ本を販売中です。よろしくお願い致します。 

《1》【新刊案内(2017年)】

《2》【改訂版のボイトレ本】

《3》【通常版のボイトレ本】

 

【ボイストレーニングに関するページ】

(Youtube) ボイストレーニング講座の動画

(note) https://note.mu/nakavoice

(ツイッター) https://twitter.com/nakavoice

 

【レッスンについて(メソッド、発声理論、ホームページ、教室の場所 など)】

アッポッジョ、リチャード・ミラー、腹式呼吸、胸式呼吸、背式呼吸、ラ・ロッタ・ヴォカーレ、声の闘争、パッサッジョ、アクート、ジラーレ、キューゾ、アペルト、コペルト、声楽、独唱、合唱、コーラス、ボーカル、カラオケ、レッスン、吹奏楽、朗読、楽典、ピアノ、音大受験、音高受験、コンコーネ、コールユーブンゲン、ソルフェージュ、ボイストレーニング、ボイトレ、合唱人、指揮、合唱チームビルディング、ビジネスボイトレ、リーダーシップ、嚥下障害改善、体力向上、血行促進

 

【練習方法】

・「家でできる発声練習」は、呼吸と朗読の練習が良い。どうしても声を出して練習する必要がある場合は、タオルなどを噛みしめて練習すると良い。

・発声に関する市販の「本」は、本当に大切なテクニックについて書かれていない場合がある。これは著者の主軸が歌手かボイストレーナーかによって大きく変化する。書かれていない言葉とその理由を推測することが大切。

・「発声法」で大切なことは、ゼロになる感触。

・発声練習は「ボイスレコーダー」を使う習慣が大切。

・「こもる声」は舌を○○に置いて発声すると良い。

・良く通る声の出し方は、○○を出さない方法が大切。○○の仕方がポイント。

・「滑舌」は舌と舌の上の空間の使い方が大切。

・「割り箸」を使った発声法が合わない場合は、ティッシュを使う方法も効果的。

・「簡単」に出来るテクニックはすぐに使えなくなる。

・「効果」を見極めるためには、数ヶ月繰り返すことが大切。

・発声の方法は記憶してから忘れて、それでも体に残っている技を基礎にすると良い。発声の応用技を基礎のように感じると失敗する。

・「喉を開く」は○○の感覚。これを基礎にすると良くない。

・「ビブラート」は○○でやると良い。

・「自宅」で行うボイトレに慣れると周囲に気を使った発声になる場合がある。声を出せる場所では思い切り声を出し、声を出せない自宅などでは声を出す以外の練習方法に切り替えた方が場合によっては良い。

・歌唱時の「腹筋」は前ではなく横と後ろが大切。

・「高音」はイメージしていたほど高い音ではない。常に出せると思い込んで練習することが大切。

・さまざまな体幹トレーニング方法を行い、独自のメニューを作ると良い。

・歌の体幹トレーニングは重力に耐えながら動かないで行うことが大切。

 

【レッスンの傾向】

・声を出すことから指導。感情的な歌より声を作るメカニズムを優先

・体の各種筋肉を機能させて楽器を作るイメージのレッスン

・独自の発声研究資料(※研究によっては毎回変化)を用いたレッスン

・一般的なボイストレーニングでは指導されていない技の伝授

 

【ボイストレーニングコースのキーワード】

合唱/独唱/声楽/ヴォーカル/カラオケ/ヒトカラ/音痴改善/ビジネス/プレゼン/スピーチ/アッポッジョ/声の闘争(ラ ロッタ ヴォカーレ)/パッサッジョ/アクート/高い声の練習/支えの連携 など

《ボイトレコース》キッズボイトレ、シニアボイトレ

《ピアノコース》キッズピアノ、大人のピアノ、シニアピアノ

 

【場所など】

池袋駅周辺 埼玉 さいたま市 上尾市 大宮 浦和 三郷 東京都 秋葉原 お茶の水 浅草 谷中 下谷 日暮里 南千住

 

 

 

☆相互リンク☆ こちらのサイトもよろしくお願いします。

 

最強音楽教室検索エンジン - music-square.jp 

Music Squareは全国の音楽教室検索ができる高機能サーチエンジンです。

音楽教室 東京都

教室、スクール、口コミネット。

音楽教室検索

全国の音楽教室検索は、事業者の所在地名はもちろん、 事業形態や対応サービスなど人気のあるキーワードでも検索が可能です。

ピアノ教室リンク集

全国のピアノ教室を都道府県別にご紹介します。

PTNA-ピティナ

一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会。ピアノを中心とする音楽指導者の団体です。

豊島区サーチ

豊島区内の情報専門検索エンジンです。

 


相互リンク(声楽, ピアノ, 音楽教室 など)


ご質問・ご連絡先